ホーム > お知らせ

お知らせ

12月の勤務獣医師について(12/13更新)
12月の獣医師勤務表(第6版)を更新いたしました。
松下獣医師の診察について(11/29更新)
2018年12月をもって、松下獣医師が退職となります。
12月23日の診療時間について(11/23更新)
12月23日の午後は17時までの受付となります。ご了承ください。
11月の勤務獣医師について(11/21更新)
11月の獣医師勤務表(第5版)を更新いたしました。ご確認ください。
いちかわ動物病院の公式LINEが出来ました
獣医師勤務表、出勤獣医師の変更などお知らせしてまいります。トップページにありますLINE IDまたはQRコードからご登録下さい。
発表いたしました(3/16更新)
平成30年3月11日に行われた千葉県獣医学術年次大会において、赤塚獣医師が「重度の臨床症状を呈した上室頻拍を伴う心室早期興奮のネコの一例」を発表いたしました。
発表いたしました(10/22更新)
平成29年10月12日に行われたACVO(American College of Veterinary Ophthalmologists)において、市川院長が「ANATOMICAL FEATURES OF THE OPTIC CANAL AND THE CEPHALIC INDEX IN THE CRANIVAL BONE OF HEALTHY DOGS」を発表いたしました。
発表いたしました(10/22更新)
平成29年9月23日に行われた第92回麻布獣医学会において、馬場獣医師が「多発性骨髄腫の猫の一例」を発表いたしました。
発表いたしました(3/21更新)
平成29年3月5日に行われた千葉県獣医学術年次大会において、赤塚獣医師が「拘束型心筋症の猫にピモベンダンを使用し著効した一例」を、豊後看護師が「ドッグマッサージを中心とした理学療法の実践」を発表いたしました。
また、同大会において豊後看護師は獣医師会長奨励賞を受賞いたしました。
発表いたしました(9/25更新)
平成28年9月11日に行われた関東・東京合同地区獣医師大会(川崎)において、赤塚獣医師が「症状を伴う高度房室ブロックにイソプレナリンの長期投与をしている犬の一例」を発表いたしました。
大会長賞を受賞しました(3/7更新)
平成28年3月6日に行われた千葉県獣医師会獣医学術年次大会において、赤塚獣医師が「症状を伴う高度房室ブロックにイソプレナリンの長期投与をしている犬の一例」で大会長賞を受賞いたしました。
面会についてのお願い
  • 入院している動物への面会時間は、10:00~12:00、16:30~19:00(日・祝15:30~18:00)となります。
  • 比較的状態の良い動物の場合、受付にあるタブレット端末を介しての面会とさせていただいております。(直接会うことで動物が帰りたくなってしまい、安静や入院の継続が困難になることがあるためです。)
  • 休診日も面会していただけますが、スタッフの人数が少ないため、ご希望の時間に添えず、お待たせすることがございます。
  • 一度に面会できる頭数が限られていますので、面会は15分程度まででお願いします。長時間の面会で、動物が疲れてしまったり、検査や処置、お世話などが中断されてしまうことがあります。

  以上、ご理解とご協力をお願いいたします。



輸血バンク登録のお願い
わんちゃん、ねこちゃんにも輸血治療があるのをご存知でしょうか?

当院では、輸血治療が必要なときに、献血にご協力いただけるわんちゃん、ねこちゃんを募っております。
現在、バンクに登録いただいている方が非常に少なく、輸血治療を行うのが難しい状態です。
8歳までの健康なわんちゃん、ねこちゃんが対象です。

詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

ご協力どうぞよろしくお願いいたします。


ページ上部へ